2019年8月22日
Breaking News

福利厚生はしっかり確認しよう

看護師は、平均給与がほかの職種に比べて高い傾向にあり、需要も高いことから、人気のある仕事です。その看護師に就職・転職する際に、求人情報として給与や勤務体制を中心にして選ぶ人が多いです。看護師は、病院をはじめとして、個人クリニックや介護施設など様々な場所で働いており、施設によって給与も大きく変わるので、給与が多いほうがいいことは確かです。看護師の勤務体制は、おおよその場合、2交代や3交代で夜勤もあるつらい仕事であるため、このことから職場を選ぶことも重要ですが、それだけで決めてしまってはいけません。看護師として働く場合は、福利厚生もしっかりと確認することが重要です。

福利厚生には様々なものがあります。年金や各種保険、子育て支援や資格取得支援が代表的です。小規模の施設の場合は、年金に加入していない場合や雇用保険や健康保険に加入なしということもあり、これでは給与が高くても将来的な不安が付きまといます。また、子育て支援も重要な条件です。結婚や出産を機に仕事を辞めなくても済むように、院内保育が設置されていたり、短時間勤務を取り入れられていたりする施設を探すとライフステージに合わせて安心して働くことができる道が広がります。

そして、資格取得支援がある施設もおすすめです。看護師は、認定看護師などの資格を取得してキャリアアップを目指す道があります。そのための資格取得支援制度がある施設は、看護師を大切にしている施設ともいえるので、長く働き続けることができます。